Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北岳山頂、独り占め!

10月14日水曜定休日、北岳に登って来ました!
3時に起きて(いつもと一緒)5:30の始発タクシーに乗るため、準備をして4時半過ぎに自宅を出発。
芦安のタクシー乗り場には5時過ぎに着いてしまった。

他の登山者と10人乗りの相乗りタクシーで出発、広河原には、6時到着。
天気は快晴、紅葉もきれいだがタクシーの運ちゃんに言わすと恥ずかしい紅葉だそうだ。
北岳山頂は、3日前に降った雪で白くなっている。

広河原から北岳(2)

一番に歩き出したので前には誰も居ない。
最近、自転車をローラに乗せて部屋で毎日練習していたせいか、快調に足が上がる。
気温も登るにも丁度いい陽気だ。

白根御池小屋7時半、肩の小屋には9時過ぎに到着。順調すぎる。
若い頃より早いな~!

白根大池と北岳(2)


稜線に出ると風が強い。
その辺で登山者同士が何人か立ち話をしているが、挨拶だけして通り過ぎる。
肩の小屋で水を補充し、山頂を目指す。

北岳と富士山(2)


雪がアイスバーンになっていて滑りやすい。
ストックを出してバランスを取りながら、足場を選んで慎重に登り、北岳山頂には9時半に到着。
360度見渡せる最高の天気だ。

仙丈と甲斐駒(2)


先に1人登山者が居て、写真を撮り合い話をしながら早昼飯の用意をする。
少ししてその登山者も下り山頂には私一人!
ナチュグレ特製無添加ソーセージを温めてつまみながら、やはりナチュグレで人気の海老クリームパスタを作る。

ソーセージと富士山(2)


前回、乗鞍岳山頂の3,026mでの15人分のパスタが、うまく茹でられなかった原因を検証するため、今回北岳標高3,193mで生パスタで茹でてみたが、火力が強くてもやはりうまく茹らなかった!

やはり、3,000mクラスでは、乾麺の方が美味しく茹でられるようだ。
と言いながらも山頂で食べれば何でも美味しいです(^_^)

パスタと富士山(2)


山頂だけは何故か無風の快晴で少しも寒くない!
1時間半ぐらいゆっくりしていたが、その後1人も登山者が登って来なくて、この最高の天気、景色を独り占めしていたのであります(^_^)
どうも雪のせいで皆さん山頂を諦めて下山したようだ・・・。



11時に下山開始。
帰りは、別ルート八本歯コルから大樺沢を下る。
これなら、広河原に1時過ぎに着くかな~などと思いながら川沿いを下る。

左側には、北岳山頂まで続く岩場「北岳バットレス」がそそり立つ。
学生時代、1度連れられて登った事があるが、その時に一緒登った彼は、エベレストの近くで死んでしまった・・・・。

前を歩いていた2人になかなか追いつけないな~と思っていた下りでしたが、その2人の1人が河原に頭から血を流して横たわっていた!
60代後半の夫婦で奥さんが登山道から5mぐらい滑落して頭を強く打ったようだ!

警察や消防に連絡を取っている様だが、今日は山梨のヘリは修理中?で群馬県警のヘリが来るとの事!
私は、奥さんの頭にタオルを押し当て止血をする。

滑落から2時間ぐらいしてヘリが到着。
手際よく奥さんを救助してくれた。
残されたご主人と一緒に下山し、入院先が医大と分かったのでいっしょに案内した。
幸い頭を数張り縫って明日退院出来るそうで良かった良かった(^_^)

自宅には7時過ぎに着いてご飯を食べて風呂に入って9時前に寝ていたのでありました。
あ~今日もいろいろありました!
スポンサーサイト

甲武信ヶ岳登山!

2月18日(水)、天気予報は雪でしたが、ここのところ水曜定休日に用事が多く山に行けていなかったので視界は望めないが行く事に。

甲府を5時出発、まだ真っ暗だ。
6時には、登山口の西沢渓谷入り口に着く。明るくなってきた。
気温は、0度くらいで寒くない。
装備を整え出発。昨日買ったスノーシュー(西洋かんじき)は必要なさそうなので置いていく。

西沢渓谷入口(2)

前日降った雪が少し積もっていてその上を登るのだが、標高がまだ低い登山道は、下が凍っている所が多く滑って怖いが、アイゼンを出すほどではないので慎重に登る!

あれ~空は真っ青、雲ひとつ無い?今日は雪では?
ところが8時を過ぎたころから雲が現れ、9時には空は真っ白、やはり雪も降りだした。

鶏冠山(2)

登山道には自生したシャクナゲの木がいたる所に!
5月には、シャクナゲの花が素晴らしいだろう。

シャクナゲ(2)

尾根筋に出ると風が少し吹き出したが大したことはないが、雪は真剣に降ってきた!

稜線の雪(2)

山頂付近は、1m以上の雪があるが、多分この前の週末に登った登山者のトレースが多少残っていたので少しは楽だ!
その歩いた後を少しそれると腰まで埋まってしまう・・。

甲武信山頂(2)

甲武信山頂には、1時到着6時間半かかった。
雪が降っているので少し下の甲武信小屋の裏の雪と風が防げそうな所で昼飯にする。

甲武信小屋(2)

甲武信小屋は、もちろん営業していない。
今日の昼飯は、海老のトマトクリームソースのパスタ。
近くに有った板を雪の上に敷いて、その上でお湯を沸かす。

コンロ(2)

あれ~、塩を忘れた!
あれ~フォークも忘れた!おボケである…涙!
塩は、もうどうし様も無いが、フォークは、いつもは小枝で箸を作って代用するが雪で見当たらない。

長い棒状の物・・・・・有った折りたたみナイフ!
茹で上がったパスタにソースをかけナイフで混ぜ塩気を補うためチーズとタバスコをたっぷりかけて頂く。
塩分控えめでヘルシーかも?!
あまりガッツクと口を切りそうなのでゆっくり頂く。

海老のトマトクリーム(2)

コンロの火はうれしい。パスタを茹で終わっても点けっぱなしで温まる。
氷点下10度。横に置いていた手袋やジャケットが凍りだす!
手と手袋を温め装着。お尻が濡れているのでコンロをまたいで乾かす・・・笑!

ある程度温まったところで装備を整え下山開始。もう2時半だ。
相変わらず雪が降っていて、新雪30cmぐらい。
登って来た足跡が消えかけている。
登りは、高い方に登って行けば何とかつくが、下りは慎重にルートを見極めながら下る。

稜線(2)

登りのルートは、土砂崩れが多くあったので途中から下りは、別ルートを下だる。
こちらの方が正解で5時半明るいうちに登山口まで着いた。
10時間近くかかりましたが、無事下山。
自宅に戻り、ビール片手に温かいお風呂に入って幸せでした(^_^)

恒例!新年「日本国」登山

年末年始は、毎年家内の実家 新潟県村上で過ごします。
そして、元旦は山形と新潟の県境にある「日本国」と言う山に登る事が、最近数年の私の新年初仕事になっている。

元日2時に出発、雪は降っているが除雪してあるので登山口まで順調に到着した。
実は、今回スパッツを忘れて登山を諦めようかと思ったが、冬山も一緒に登った事もある息子の賢太が、ビニール袋と布ガムテープで作ったらとの提案!

私もここでポジティブ発想に変換!
考えた結果、厚手のウールの靴下を2枚履き、持って来たボア長靴をその上から履きズボンとの間にビニール袋を巻き、上から布ガムテープをいっぱい巻くとなかなか良い。

登山口(3)

車の中で装備を整え4時ヘッドランプを点けて出発。
気温は0度くらいで温かいが、雪が降っているし、新雪もなかなか。
最初は膝くらいまでの新雪でしたが、段々新雪が深くなる。

特製長靴(2)

ガムテープで巻いた長靴は、快適だ!
登山靴より軽くてまた良い。

新雪(3)

ルートは、3度目だし勘で間違える事はないが雪のせいでスピードが段々落ちていく。
日本国は山頂まで1時間半ぐらいのコースだが、歩いて3時間半、ようやく3分の2強地点の「あずまや」に到着した。

あずまや(3)

しかも最後の10mを登るのに肩まで雪があり、10分かかってしまった!

雪深く(3)

すでに新雪は1m、根雪と合わせれば2m以上だろう。
この先もっと新雪が多そうなので、ここで山頂は諦めあずまやでパスタを食べることに。

新年初パスタは、すき焼き風!
今回、実家で茹でてきたパスタ、有名な村上牛も炒めて来て時間短縮。
コッフェルでお湯を沸かしていると雲の間から初日の出が現れた!
初日の出に向かって、皆さんの健康とご多幸を祈る(^-^)

初日の出(3)

沸いたお湯に村上牛と長ネギ、三つ葉、パスタ、すき焼きのタレ、最後に生卵を入れ完成!
初めて作ったが、村上牛もたっぷり入って和風でなかなか美味しい。

すき焼きパスタ(3)

食事が済んだら寒いのですぐ下山。
下りも雪が深いので結構時間がかかり、車の着いたのは10時。

今回、555mの低い山なので怖くはなかったが、これが標高2~3,000mの山ならヤバイ状況でしょう。

帰り道、9月にトライアスロンで走った笹川流れを冬の日本海を見ながら帰路に着きました。
今回、冬の東北の自然の厳しさを満喫して感謝です(^-^)

皆さん今年もよろしく!!

今年、登り納めの金峰山!

12月17日水曜定休日、世間(県外)は、大荒れの天気予報だが山梨は何故か良い天気!

来週の水曜日は、24日なのでさすがに休めないので今日が登り納めに行こうと決めた。

前日、山はきっと雪が積もっている事を考慮し金峰山に決定。
朝いろいろやっていたら、出発が6時半になってしまった。
スタットレスを履いたパジェロなので大体のところは安心だが、いちおチェーンも持って行く。

茅が岳広域農道を通って増冨へ。増冨ラジューム温泉辺りから雪道になり、みずがき山荘の駐車場は、10cmぐらい積っている。

金峰はそんなに危険がところが無いのでアイゼンとピッケルを置いて、その代りスノーシュー(かんじき)とストックを持って行くことに。

みずがき山荘(4)

8時出発。足跡1つ無い新雪を歩くのは気持ちいい!
何度も登っているルートなので心配もしていないが出発時間が少し遅かった・・・。

朝日の瑞牆山(4)

途中、朝日を浴びた新雪の瑞牆山が綺麗だ
富士見平小屋の水場でポリタンクをいっぱいにする。私は、ここの湧水が大好きだ。

富士見平水場(3)

富士見平小屋(3)

ここが、金峰山と瑞牆山登山の分岐点。迷わず金峰を目指す。
思ったほど風は吹いていない様だ。
気温は-10度ぐらいだが、森林の中を歩いているので少しも寒くない。
高度が上がっていくと共に積雪も増えてきた!

金峰新雪(3)

さらさら雪でそんなに負担ではないが、段々登るペースも落ちてくる。
当初、12時到着を予定していたが、だいぶ遅れそうだ・・・。

しかし、良く知った道だし危険な所が殆ど無いし、暗くなっても帰れる自信が有ったので山頂を目指す。
ようやく稜線に出たが、ガスっていて山頂の五丈岩が見えないが、素晴らしい眺めだ!

金峰稜線(2)

新雪は、50cm以上になり、膝まで埋まりながら山頂を目指す。
思ったほど風が無くて良かった。
山頂に到着したのがちょうど2時。6時間かかった。

金峰山山頂標識(3)

気温は、-15度以下だ。
標識も五丈岩も木も何もかも氷着いている感じ。
そんな世界に私だけいる事に変に感激!

冬の五丈岩(3)

スマホでFBにアップするが、手が冷たく適当になってしまった。
スマホは素手で無いと操作でいないのが難点です!
山頂パスタは諦め、すぐ下る。

下山は快調だ。
途中に無人の大日小屋があったのででここでパスタを食べることに。
小屋は広く2~30人は泊まれそうだが、1人薄暗い中、コンロで持って来た焼き鳥をまず網で焼く。
山での暖かい焼き鳥は最高だ!

大日小屋(3)

続いてお湯を沸かしパスタを茹でる。
今日は、旬の広島産カキとほうれん草のクリームパスタだ!

最近思ったのは、山ではアルデンテよりしっかり茹でた方が美味しいと私は思うようになったのでしっかり茹でる。
湯気が上がるパスタを鍋のまま食べる。
今回ソースを2人分持って来たので大粒カキがいっぱいで贅沢だ。

カキクリームパスタ(3)

外がだいぶ暗くなって来たので急いでかたずけて下ることに。
5時ごろになると段々暗くなって来たのでヘッドランプを点けて下る。
雪も舞っているが大した事をなく、夜雪道を歩くのもなかなか面白い。

5時半すぎ、無事車に着き、帰路に。道はすでに除雪してあったが、いたるところ凍り付いていそうなのでゆっくりと下る。

7時に家に到着、すぐに前の草津温泉に行き熱い湯と水風呂で疲れを癒しなのでありました。

今年最後の登山だと思いますが、今年も山に自然に感謝です(^-^)

八ヶ岳主峰登山と温泉!

12月10日(水)、前日から行く気で荷物もある程度用意していたが、いまいち寝起きが悪い・・・。

しかし、ま~久しぶりだし行きましょうと4時甲府出発。
一般道を快調に飛ばし、長野の小海町には、1時間ぐらいで着いてしまった!
外気温は、-9度指している。a

松原湖を登り、本沢温泉登山口まで行くも途中から急坂でスタットレスのパジェロでも登れなくなった。
チェーンを付けようかとも考えたが、歩いてあと10~15分ぐらいのところまで来ている様なので隅に車を置いて歩くことに。

雪道(2)

6時、朝焼けが東から始まる中歩き出す。
やっぱり、足が重く調子が出ない・・・。
雪のせいもあるが、本沢温泉に7時半、夏沢峠に9時すぎ。
春、吉野さんと登った時よりだいぶ遅い。

12月本沢温泉(3)

持って来たコンビニのミニアンパンを食べる。
山では、アンパン、大福などをよく持って行く。
今回、よく感じた事で何か腹に入れた後は、必ず指先が冷たくなる。
食べると消化のために胃に血液がいくと言うが、それを実感した感じだ。

今日は、八ヶ岳主峰赤岳まで往復するつもりで早く出てきたが、今ペースでは難しいか・・・。
硫黄岳には、10時到着。

硫黄岳と私(3)

気温は、-15度ぐらい。風は、弱く8mぐらいか。
360度の展望が素晴らしい!
今日の目的地の赤岳も目の前に見える。

北岳・阿弥陀岳(3)

少し、体調が良くなって来たような気がするので赤岳を目指すことにする!
歩いていると暑くなってきた。
風が無く、日差しが当たると冬でも結構暖かだ。

ジャケットのファスナーを開けて暑さを調整しながら登る。
冬は、汗をかくことが私は嫌いだし怖い。
衣類が濡れると後ですごく寒い思いをしなければならない事があるので。

横岳に11時到着。大学生らし4人組パーティーを追い抜き赤岳を目指す。
しかし、岩場が氷着いたりしていて結構時間を取られる。
すでに12時。目の前の赤岳まで1時間ぐらい。往復2時間。

赤岳(2)

山頂まで行くと帰りが厄介な事になりそうなので引き返すことに・・・涙!
同じ道を引き返し硫黄岳の山頂の小っちゃな避難小屋でパスタを食べる。

避難小屋(3)

小屋と言っても入る口は空いたまま、すきま風も入るのである物を全部着ての食事!

避難小屋内(2)

今日のパスタは、海老のトマトクリームソース。
ナチュグレでも女性に超人気のパスタだ!
ガスコンロの火にあたりながら美味しく頂く。

山頂エビクリームパスタ(3)

時間が無いし寒いのですぐ片づけて下る。
順調に下り、本沢温泉の露天風呂に。
せっかく来たのに入らない訳にはいきませんな~!
春に来た時は、大雪で周りが何も無くなっていたが、どうも作り直した様でだいぶ大きくなっているし底も深いので、1人だとどうも落ち着かない・・・。

本沢温泉露天風呂

温度は、40度チョイくらいでちょうどいい。
顔が冷気で冷たいので何時間でも入っていれそうだが、30分ぐらいで切り上げる。

こんなところで着替えも無いので脱いだ服をまた着るのだが、汗をかいたところがもう凍っている。
素早く服を着て下る。

周りが暗くなる中、夕焼けの雪道は結構明るい。
5時車に到着。夜明けから日が沈むまで登山になってしまった・・・・。
慎重に雪道を車で下り無事甲府に帰って来ました。

良い天気に感謝の1日でした(^-^)

北アルプスはもう冬!

燕岳(つばくろだけ)に登って来ました。

11月5日の水曜定休日、例によって3時過ぎに起床。
良い天気予報なので体がうずく!

幾つかの地図を眺めながら、北アルプス燕岳に決定。
決まったら、仕事は忘れて山の準備に専念!

5時半出発、中央道を長野方面に向かう。
道路は空いていて、ついアクセルを踏み込んでしまう。

安曇野インターを降りて、結構山奥の「中房温泉」に向かう。
北アルプスは雪だ!
私の装備が少し寂しいな~・・・。

途中、コンビニで手袋と食料を購入。
安曇野から山道に入ると紅葉がきれいだ。
7時ごろと中房駐車場に到着。
すぐに登りだす。

燕岳登山口(3)

結構、急な登りが続くが快調に登る。
2時間ぐらいで稜線に出ると目の前には、槍ヶ岳を始め北アルプスの山々がすべて見えそうだ!

槍ヶ岳(3)

燕山荘(3)

燕山荘を通って燕岳山頂に到着。
良い天気だ!

燕岳山頂(3)

風が少しあるので山頂パスタは止めて、パンで腹を満たし歩き出す。

燕岳山頂2(3)

下りは、別のルート東沢を下る予定だったが、北燕岳まで来たら看板出ていた。
この先、東沢は台風でだいぶ荒れているとのお知らせ。

私の地図を見ると2003年版!
考えたが、今回は無理せず登って来た道に引き返すことに。
天気も西からネズミ色の雲が広がって来た。

下りは雪が有るのでストックが欲しかったが忘れたので少し慎重に下る。
このルートは、いくつもベンチがあり、私は休まないが良いコースだ。

名前の云われは分からないが、「合戦小屋」の外のベンチで昼飯にする。
今日はシンプルにスパゲティートマトソース。
バター、玉ねぎ、トマトソースと調味料だけだが、私は大好きだ。

パスタ茹で(2)

店では、いつも1.7mmのパスタで作っているが、山では時間が掛るので1.4mmのパスタを使っている。

トマトソースのパスタにたっぷりのチーズとタバスコをかけて頂く(^-^)
チーズがよく合うのだ!

トマトソースパスタ(3)

それからずっと急な下りで疲れたが、登山口のは1時半ごろ到着。
近くの温泉に入って疲れと汚れを落とし帰路に。
時間が早いので途中安曇野インターの近くにあるモンベルで買い物をして帰えるも自宅には5時前に着きました。

いよいよこれからは冬山シーズン、楽しみです!

三ツ峠へ自転車と足で!

10月29日定休日、あまりに良い天気でジッとして居られず、朝7時に自宅を自転車で出発。
コンビニで日焼け止めを買って顔の周りに入念に塗る!
今日は、快晴良い天気だ(^-^)

背中には、小振りのザック。中には、山頂パスタの装備一式を背負っている。
蓬沢の交差点からは、裏道に入いる。ここからは、ずっと登り。ゆっくりながらも順調に高度を稼ぐ。

御坂の通りを登りだすと段々気温が下がっていく。気温は一桁!
周りの山は、紅葉できれいだ。

御坂旧道(3)


御坂トンネルの手前で御坂の旧道に入ると一段と寒くなる。
最後のトンネルを抜けると目の前に富士山、下には河口湖。
天下茶屋は、観光客で朝から賑わっている。

天下茶屋(2)

天気も最高!
記念撮影をしてすぐ下りだし、三ツ峠登山口に到着。

天下茶屋の富士(2)


自転車を見えないところに置いて、地下足袋に履き替えて登りだす。
地下足袋は、軽く場所を取らないので自転車登山の時は良く使う。

地下足袋(2)

途中、川の水を汲み山頂目指す。
登りながら、ライターとフォークを忘れたことに気付く!
山頂小屋でライター買おうとしたが、売り物は無いが、貸してくれた。
落ちていた木で箸を作る。

山頂直下に岩登りのゲレンデ屏風岩が見える。
若かりし頃、よく登った事を思い出す。

屏風岩(2)(2)

三つ峠山頂は、目の前に雪を頂いた富士山。
南アルプス、八ヶ岳も良く見える。

富士山(2)

富士山を目の前に見ながら、コンロでお湯を沸かしパスタを茹でる。

鍋と富士山(2)

今日のパスタは、広島産大粒カキとほうれん草のクリームパスタ。
カキプリプリで美味しい~(^-^)

カキとほうれん草のクリームパスタ(2)

お腹いっぱいになったところで、借りたライターを山小屋に返し、まだ時間が早いので北へもう少し縦走をしようと歩き出す。

御巣鷹山の山頂は、殆ど電波塔だ!

御巣鷹山(2)


そこから下って、茶臼山、大幡山と縦走した後、林道を下って三ツ峠登山口の自転車に1時に到着。

大幡山(2)

自転車に乗り換えて天下茶屋まで少し登ってからは甲府までず~と下りのコース。
家には、2時半に着いてすぐ前の源泉かけ流しの草津温泉でゆっくり体をほぐしてからのビールは、旨かった!!

今日の良い天気に感謝・感謝です(^-^)

乾徳山登山と山頂パスタ会!

10月26日、22人で乾徳山に登って来ました!
7時30分ナチュグレに集合して出発。

天気は良いのだが、昼からところによって雨と言う予報が気になる。
途中がら、くねくね山道を登り1時間で大平高原に到着。
現地集合の皆さんもそろい、綺麗な紅葉の中、9時出発。

出発(3)

休憩を取りながら中間地点の月見岩に到着。良いペースだ!

月見岩(2)

ここから先発隊5人が、水と食料を持って先にハイペースで登りだす。
私は、山頂でパスタを茹でるため、今回も大きな鍋をザックに付けて登る。

大鍋(3)

ここからは、クサリ場が多くあり、最後の15mの岩場を登ると山頂に到着。
先発の皆には、重い荷物背負って頂きご苦労さまです(^-^)

山頂には、既に20人ぐらいの人が居る。
NHKの「小さな旅」の取材の方々も大きなカメラを持って取材をしていた。

nhk(2).jpg

山頂は、あまり広くなく岩だらけだが、何とか場所を探し鍋を設置、水15Lを入れコンロ5台で沸かすもなかなか沸かない。

別の鍋でソースと具を温める。
その内、後発隊が徐々に到着しだした。
最後のクサリが有る岩場に順番待ちの列が出来ているようだ。
クサリ場(2)

鉄人会の平木さんは、奥さんと地鶏の特製スープを皆に振舞ってくれた。
地鶏は歯ごたえがあって美味しい(^-^)

平木氏地鶏スープ(2)

お湯もだいぶ熱くなって来たのでパスタ2kgを投入して茹でる。
皆、無事到着した様だ!良かった良かった(^-^)

今回女性が多く各自いろいろな食べ物を出しあって賑やか!

女性陣(2)

火力が弱く茹で加減がいまいち不満だがお湯を切ってソースと和え急いで皿によそる。
今日のメニューは、秋ナスと有機ズッキーニと地鶏のボロネーゼです。

具投入(3)

さて、皆でいただきま~す!

なすとクッキーニと地鶏のボロネーゼ(3)

続いて食後の甘い紅茶を作る。
山では、甘い紅茶が旨いのだ~!

山頂の天気は、だいぶ雲が出て来たが、南側はある程度見える。
周りの山の紅葉がとても綺麗です。

紅葉(3)

山頂で1時間ゆっくりして記念撮影をして1時過ぎから下山開始。
下りは、別ルートを下る事に。

岩が多く急坂でこちらも降り難いが皆が頑張ってくれた。
シカさんにも会えて、孫の果桜は記念撮影!

果桜とシカ(2)

大平高原には、4時前に全員到着!
皆よく頑張ってくれた。
ここで一本締めで解散!

多くの皆さんのご協力で今回の無事楽しい登山が出来ました。
皆さんありがとうございました(^^)

西穂高岳と山頂パスタ!

10月8日(水)、シャルドネスタッフ真島君と西穂高岳に登って来ました。
火曜日の夜の今回の改装の工事関係者の集まりで急遽決定!

甲府から3時間弱、西穂高ロープ-ウエーに9時に到着。
ロープ-ウエーで7分、そこはもう2,100m。

ロープ-ウエー(2)

雲1つない良い天気、9時半から登りだす。
西穂高山荘も賑やかだ!

西穂高山荘秋(2)

帰りのロープ-ウエーの時間があるのでハイペースで登り、登山者をゴボウ抜き!
西穂高山頂には、12時前に着きました!

西穂高山頂秋(2)

真島君もしっかり着いてくる。
さすが、週3回10km走っているだけの事はある!

山頂で気持ちの良い天気の中、今日の昼飯は豪華!
前菜は、焼き鳥とシシャモ!
これを網の上で焼き頂く。ビールが上手い!

シシャモ(2)

焼き鳥(2)

横では、別のコンロでお湯を沸かしパスタを茹でる。

パスタ茹で(2)(2)
メインの今日のパスタは、スパゲティートマトソース。
材料は、バターと玉ねぎ、にんにくとトマトソースのシンプルなソースだが、これがまたうまい(^-^)

スパゲティーパスタソース(2)

標高が3,000m近いので沸点が低くパスタの茹で加減がいまいちでしたが、それでも美味しかった!

1時間ゆっくりして下りも休まず快調に下り無事下山。
西穂高温泉のホテルのお風呂をかりて疲れを癒して帰路に着きました。

西穂高温泉(2)

このホテルでフロントのおじさんが、女性のお風呂や混浴のお風呂を説明してくれるので変だな~と思っていたら、真島君いわく、よく女性に間違えられるそうなのです!
よく見ると可愛い顔の真島君でした!

帰りは、私は助手席でいっぱい飲みながらご機嫌!
途中から寝てしましました。
真島君ごめん!

おかげてとても楽しい1日でした。
真島君ありがとう(^-^)

リハビリ登山! 2014.9.3

9月3日の水曜定休日、久々の良い天気!

鎖骨手術から3週間、岩瀬先生は少しずつ動かしてください。ただ、まだあまり重い物を持たない様にと言われ、走ったりは大丈夫!との事。

足は大丈夫なら、今日は登山でしょ!
ただ、転んだりで右手を着くのが怖いので一番登ったことがあり、手軽で大好きな瑞牆山に登ることにする。

6時前甲府出発、みずがき山荘駐車場には7時に到着。早速登りだす。
気になるのは、右鎖骨に当たるザックのベルトだ。
ウエストベルトをおもいっきり締め、肩への負担を出来るだけ少なくすると少し楽に。

30分で富士見平小屋に到着。
ここには、私が1番好きな美味しい水場がある。ここで水筒をいっぱいにする。

水場(2)

40年前私が学生の頃登った時は、南に富士山が見えていたが、今は木が大きくなり見えなくなっている。

ここからは下りになり、30分弱で川に到着する。
冷たい水で喉を潤し、顔を洗うと気持ちいい!


ここからは、結構急な登りが続く。
岩も多く、今回はゆっくり慎重に登る事にする。

早い!
下って来るパーティーもいる。きっとこれから金峰山に登るのだろう。
9時には、山頂に到着。思ったより順調に着いた。

山頂(2)

山頂は、日が当たって寒くもなく丁度良いが、周りは、雲であまり視界は良くないが。金峰や富士山・八ヶ岳がたまに見える。

天狗岩(3)

岩(2)

下には、瑞牆山の特徴である大きな岩がいっぱいだ!
早速、パスタ作りに。

今日のメニューは、朝ナチュグレの厨房で作って来た「きのことフレッシュトマトのアラビアータパスタ」
アラビアータとは、カッカするような意味。タカの爪をたっぷり入れて作ります。

パスタソース(2)

今回、ガスカートリッジが使いかけのが有ったのでそれを2本持って来た。
お湯を沸かしていると沸く寸前でガス欠に!?
次のカートリッジに替えてパスタを入れたが、ちょっと不安だ!

もう少し茹でたいな~と言うところで2本目も終了・・!
仕方ないのでパスタをお湯に漬けたまま少し置いてそれからお湯切をして持って来たパスタソースと和える。

肉系が欲しいなと思ったら、コンビニで買った焼き豚が有ったのでそれを入れ、パルメザンをたっぷりかけて頂く!

パスタ(3)

思ったほど辛くないのでタバスコもたっぷり。
よし、これでなかなかイケる!茹で加減もバッチリだ(^-^)

食後に少し昼寝をしてから下る。
下りこそコケ易いので慎重に下る。

富士見平小屋の水場で家で飲む用にタンクをいっぱいにする。
駐車場には、午前中に到着。
やはり肩が少し痛いですが、少しづつリハビリして行こうと思っています。

皆さんご心配して頂きありがとうございます(^-^)

Extra

プロフィール

ひげの三村

Author:ひげの三村
山梨県甲府市でからだと心にやさしいレストラン「ナチュラルグレース」をやっています。
水曜定休日には、山に行く事を楽しみにしております。
また、年2回お客さんと一緒に山に登り山頂パスタ会を開催しております!

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。