Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光岳の怖い話 {山梨県・甲府市のベジタブル&シーフードレストラン ナチュラルグレース}

先週、山で怖いことがありました。

10月24日火曜日、朝早起きし、店の段取りをしていざ長野の飯田へ。
この日は、南アルプス光岳(てかりだけと読みます)を目指す。
今日は山頂近くの県営の光小屋に泊まる予定。
この時期小屋は、解放されていて、自由に使う方ができます。
前日、大雨でしたので足跡もみんな消えて、小屋にだ誰もいないと思って入ったら、ザックやコンロが置いてあったので誰かいるんだな思って。
広い小屋なので別の方で缶ビールを飲みながら夕飯のパスタを茹でる。
ナチュグレソースで食べるパスタは、最高!今回、チーズもタバスコも持ってきたのでさらに美味しかったです。
食事も終えて7時もう外は真っ暗なのだが、サックの主は、帰ってこない!“もしかして遭難”しかし、ここは、圏外で携帯が通じない!
荷物を観察してみるとザックが2つ、ヘッドランプも2つ、2人ずれのようだ。しかし、おかしい!
寝袋がない。
この時期、無人の小屋に寝袋を持ってこないなんておかし!
仕方がない、私は、自分の寝袋に入って寝ようとしたが寝られない。
外は月明かりで結構明るいので8時過ぎ、ヘッドランプと日本酒とつまみを持って山頂を目指す!空は、満点の星空だ、流れ星を1つ見たが、先週ならオリオン座流星群を無数に見れたことだろう。残念!
山頂まで20分ぐらい、ところが途中で視界に青い何かが、近くに寄ってヘッドランプで照らしてみるとなんと寝袋!
背筋がゾクッと!
なんでこんなところに寝袋は落ちているのか?
色々考えながら山頂まで来てしまった。
空は星空。下には、街の明かりが見える。ライトも消して月明かりの中、日本酒とつまみをと思っていたが、どうも落ち着かない。
5分ぐらいして小屋に戻る。
もちろん、ザックの主は、帰ってこない!
その日の夜は、なかなか寝られなくて、長い夜でした。
翌日暗いうちからラーメンを作り食べる。
山頂で日の出を見ようとまた登る。今日もいい天気だ!
小屋に戻って荷物をまとめ、例のザックを調べる。
身元の分かるようなものはなく、いちお写真だけとって下山する。
きれいな紅葉の中、すっきりしない気分で登山口まで下る。
車に乗って国道に出た頃から携帯の電波が良くなったので110へ電話をしてみる。
山岳遭難かもしれないと状況を話すと少し間があって、別の方がでて、状況がわかる。
14日に登った2人のうち1人が山頂近くで体調を崩し、亡くなられたそうでヘリで2人とも救出したので荷物がそのままになっていたそうです。
原因が分かってすっきりしたようなしないような山行でした。

スポンサーサイト

Extra

プロフィール

ひげの三村

Author:ひげの三村
山梨県甲府市でからだと心にやさしいレストラン「ナチュラルグレース」をやっています。
水曜定休日には、山に行く事を楽しみにしております。
また、年2回お客さんと一緒に山に登り山頂パスタ会を開催しております!

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。